ストレスが薄毛の原因になる?!理由の詳しい解説とその改善方法

uncategrized

この近代社会においてストレスの無い生活をしている人の方が少ないかも知れません。誰もが何かしら自分で認識できるストレスをお持ちだと思います。

ストレスは慢性化してしまうと、身体的にも精神的にも重大な疾患となってしまう可能性があるので、ストレスによる負担が大きいと感じている方は早めの対策が必要です。

しかしながら、ストレスが原因で抜け毛や薄毛になるという科学的根拠は現在のところまだ証明されていません。

「なんだ無いのか・・・」と思いますよね?

でも日本人の4人に1人は持つと言われる国民病の「腰痛」も、その約85%は科学的根拠がなく原因不明だということをご存じでしょうか?腰痛だけではなく、原因不明の病気というものはいまだ数多く存在しています。つまり、直接的な因果関係が学術的にまだ証明されていないだけであって、逆に言えばストレスが抜け毛や薄毛の原因ではない。とも言えないあやふやな現状なのです。

抜け毛、薄毛にはストレスが原因となる間接的な理由があります。この記事ではその理由や、症状のある方へおすすめの改善方法をお伝えしていきます。

ストレスが抜け毛、薄毛の原因になる理由

ストレスとは

そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。つまり、日常の中で起こる様々な変化が、ストレスの原因になるのです。たとえば、進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事でも、変化であり刺激ですから、実はストレスの原因になります。 引用元: 厚生労働省HP

どうやらストレスが一つも無い生活はできないようです・・・。

ストレスが原因で起こる症状の代表的なものとして次の4つがあります。

  • 自律神経が乱れる
  • ホルモンバランスが乱れる
  • 自己免疫疾患が起こる
  • 生活習慣が乱れる

ではそれぞれの症状が抜け毛、薄毛にどう影響するのか解説していきましょう。

自律神経が乱れる

自律神経とは心臓の鼓動や呼吸のように、私達が自分で意識せずとも体の各臓器を24時間自然とコントロールしている神経で「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経系のバランスで成り立っています。
交感神経 活発に活動するために体の各部の働きを促進する神経。心拍を早め、体温・血圧などを上昇させます。言わばエネルギーを消費する活動モード。
副交感神経 交感神経とは逆に体の各部を休息させる神経。心拍を緩め、体温・血圧を下げて心身の緊張を解く働きをします。エネルギーを補充する休息モード。

自律神経というのはこの2つのモードを交互に切り替えることによって、身体機能を常に正常に保つ働きをしています。2つが同時に働くことはありません。

しかし内外的にストレスを受けて自律神経のバランスが崩れると、交感神経が優位になることが増えて血行が悪くなったり不眠症状が起きてしまうこともあります。それらは頭皮環境を乱すことにもつながり、髪の毛に充分な栄養が届かなくなることで髪の成長を妨げ、抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる

体の中には100種類以上のホルモンがあると言われ、それぞれのホルモンは体の健康維持に必要な機能を調節する働きがあります。通常であれば体の中のそれぞれの内分泌臓器から体を正常に保つために必要なホルモンが、必要な時に必要な量だけ分泌されています。

しかしストレスによってそのホルモン分泌のバランスが乱れてしまうことがあります。それにより過剰に男性ホルモンが分泌されてしまうと頭皮の皮脂が異常に増えてしまい、それが雑菌の繁殖の原因になったり、毛穴を塞いで発毛を阻害する原因になることがあります。逆にストレスによってホルモンが欠乏した場合も頭皮環境に必要な血行や栄養を阻害することになるので、ストレスの影響でホルモンバランスが崩れると自律神経と同じく、結果的に頭皮環境を乱し抜け毛や薄毛の原因となります。

AGA(男性型脱毛症)という男性に起こる脱毛症があります。これは遺伝的要素が大きいと言われていますが、男性ホルモンの影響で発症することや症状には個人差があるということから、ストレスによるホルモンバランスの乱れが発症のきっかけになっている可能性も考えられます。

自己免疫疾患が起こる

自己免疫疾患とは、身体に侵入してきた細菌やウイルスなどの異物に対して攻撃をして、身体の状態を正常に保とうとする免疫という機能が、何らかのきっかけで間違えて正常な細胞や組織を攻撃してしまうということで起こる症状です。

例えば円形脱毛症というのは一般的にストレスが原因だと言われていますが、ストレスが原因ではない円形脱毛症の症状もあることから一概には判断できず、その関係性は実はまだ明確になっていません。現在有力な説として自己免疫疾患が原因だと考えられています。

そしてその自己免疫疾患が発症する原因もまだはっきりと証明されていないのです。しかし自己免疫疾患はストレスや感染症によって引き起こされると考えられているので、ストレスと円形脱毛症との関係は無視できないものだと言えるでしょう。

自己免疫疾患が起こる原因が不明であるなら今のところ私達が対策としてできることは、発症のきっかけになると言われているストレスや感染症に気をつけた生活を心がけるということしかありません。そして大抵の人は通常、感染症の風邪やインフルエンザに対しての対策は経験済みで心得ているでしょう。

そうなると残るはストレスの問題です。普段、意識してストレスに対策している人がどれだけいるでしょうか。ストレスを減らすと言ってもストレスというものは本当に厄介で、何がどうしてストレスになるかは人それぞれであり、その判断は非常に難しいことです。

この記事はストレスによる抜け毛や薄毛に焦点をあてて書いています。ストレスの原因や解消のためのきっかけを見つけてもらえたら、生活の様々な改善につながると信じているので、少しでも参考にしていただけたらと思います。

生活習慣が乱れる

今以上のストレスを抱えたくないという意識から、ストレス解消という理由で身体に悪いとわかっていることを行ってしまっているということがあるかも知れません。喫煙、飲酒、寝不足になってまで観てしまうテレビの深夜番組など。
私もストレスが大きい環境で過ごしている時は、その反動で自分に優しくしてしまうことがよくありました。例えば仕事がキツかったから今日の晩御飯はカップラーメンで済ませよう。イライラするから少し多めに酒を飲んで気分を紛らわせよう。面倒だから風呂に入るのは明日にしよう・・。
しかしこれらは全て頭皮環境を悪化させる原因になります。栄養不足な食事、過度な飲酒や喫煙、皮脂などで汚れた頭皮の放置。それに一時的なストレスから逃れるための行動が体調不良など身体的な環境の悪化につながることで、余計にストレスになるという悪循環の始まりになってしまいます。つまり何らかのストレスで生活環境が乱れてしまうと、結果として頭皮環境も乱すことにつながり自ら薄毛や抜け毛の原因を作ってしまうことになるのです。
習慣化された日々を過ごしていると、日常生活のストレスが原因で抜け毛が増えているのか、抜け毛が増えたことがストレスになっているのか、などという風に悪循環の中に入ってしまい、何がどのストレスの原因なのかがわからなくなってしまいます。そういう悪循環の生活からはできるだけ早く抜け出すことが大事です。意識して少しずつ、一つずつでも生活の中のストレスをできるだけ無くしていくことが大事です。
次からはその対策の具体的な方法を紹介していきます。

薄毛対策!ストレスを溜めないための方法・考え方

 生活習慣の見直し

自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れは、生活習慣の乱れと相互関係にあると言えます。どちらが先かというよりも、一方が崩れるともう一方も乱れるという関係なわけです。つまり自律神経が乱れてしまうとホルモンバランスが乱れたり、生活習慣も乱れる。ということにもなるし、生活習慣が乱れるとホルモンバランスや自律神経が乱れるというまさに悪循環なのです。

その中で自分でコントロールできるものといえば、生活習慣を整えるということ。全てはバランスなのですから、バランスと整えるために自分で意識的にできることは今の生活習慣を変えることです。

例えば食生活ですね。考えてみて下さい、髪の毛の育成に必要な栄養を食事で摂ってない。もしくは、摂っていても血行が悪くて行き届いていない。それでは当然髪の毛は成長しにくくなってしまいます。

朝食

 明確なストレスの原因を改善する

ストレスを発散する・発散できる方法を見つける

育毛剤・スカルプシャンプーを使用する

今までの考え方を変えてみる

対策例

この(嫌な)生活がいつまでも続く・・・。このような気持ちをした状態が続くと、ストレスから逃れられない傾向があります。
私にもそういう経験があるのでよくわかるのですが、例えば「これが一生続く」と考えるのと「これはあと1年で終わる」と
考えるのでは気持ちの持ち方が全く変わってきます。前者は日々憂鬱な気持ちがダラダラと続くだけに対して、後者は同じ日々を送っていても
「でもこれもあと1年で終わりだ!」と目の前の嫌なことも終わりがあると思えることで、晴れ晴れとした気持ちにさえなれます。
つまり嫌なことがあったとしても、それに「期限」があればそのストレスを大幅に減らすことができるのです。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました